スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

藤圭子&沢木耕太郎『流星ひとつ』考える⑬──ネオン演歌『新宿の女』とテレサ・テン的な世界

tsugunai

 人後に落ちないテレサ・テンファンである。しかしそれを言うとすぐに「何がいちばん好き、『つぐない』? 『時の流れに』? 『別れの予感』? 意外に『空港』だったりして!?」と、テレサファンに鼻息荒く迫られて辟易する。
 私は天才歌手テレサ・テンの信奉者にちかいぐらいの大ファンだが、その手の「荒木とよひさと三木たかしの作った世界」には興味がないのである。いや、大嫌いなのだ。あれはあれでテレサのひとつの魅力的な世界であろうが、あのひとをあれだけで語るのはあまりに偏狭である。

 たとえばテレサの「You Light up my life」を聞いてくれ。Debby Boonのヒット曲だが、本家を超えているのはもちろん、この歌の多くのカバーの中でも白眉であるWhitney Houstonに負けていない。いや勝っている。こんなアジアの歌手がいるものか。こんな偉大な傑物をあの『つぐない』的な世界で評するのは失礼だ。旅行作家・下川祐治が言った、「テレサを〝台湾の美空ひばり〟と評する人がいるが、テレサはアジア全体の歌姫なのだ。どれほど多くの国の人々にあいされていることか。美空ひばりが〝日本のテレサ〟なのだ」は至言である。まあ『つぐない』的世界しか知らなければたしかに〝台湾の美空ひばり〟であろうが。



 私はむかしから演歌だかムード歌謡だか知らないが、この種の歌にあるわざとらしさ、別れた女が別れた男に言う「しあわになってね、わたし祈ってます」的なものが大嫌いだった。最初は好き合ってつき合っても、いろいろあって嫌いあって別れるのである。そうそうハッピーな別れというものもあるまい。だから別れのことばは「不幸になれ、死んじまえ、呪ってやる」のほうが適切だ。

 ところがこの種の歌に出てくる女はみな「わるいのはわたし、あなたはわるくない。あなたはもっといいひとを見つけてしあせになって。わたし、それを願ってます」みたいな寝惚けたことを言う。それをまた中島みゆきでも言うならすこしは意味を持つが、そうではない。おっさん作詞家が女ことばの歌詞を書き、おっさん歌手が甘い歌声で歌い、別れた女に今も慕われていることを願うおっさんたちが(事実はそんな恋愛をしたこともないおっさんたちが)、これを支持し、レコードを買うのだ。中島の「うらみます」が正しい。

 そういう歌の集大成として『つぐない』があり、多くのムード歌謡歌手が構築してきた世界だが、今では「イコールテレサ・テン」というぐらい、テレサがこのジャンルの代表歌手なのはまちがいない。時代を知らないのに、テレサのこの種の歌をカラオケで披露する三十代の女も多い。ずいぶんと耳にした。これを歌うとおっさん連中がよろこぶのを計算している。実際私以外のみんなはよろこんでいた。

 歌詞としては男バージョンにもある。北山修が書きマチャアキが歌った「さらば恋人」の、「悪いのはぼくのほうさ、君じゃない」なんてのもそうだ。女の寝ているあいだに置き手紙を置いて部屋を逃げだす男なのだ、しつこい女から必死に逃げだす。そんなきれいごとを言うなって。ハッキリ「悪いのはおまえ、おれは被害者」と言ったほうがいい。でもそれじゃ歌にならない。



ikigai

 むかしからそんな歌はあった。たとえば由紀さおり『生きがい』である。歌詞はこちら。
 発売は1970年の10月だから藤圭子ブームの年である。しかしこの歌もそうなら、ビートルズの「Abbey Road」に、イージーリスニングのレーモン・ルフェーブル「シバの女王」もこの時期か、やはり1969年から1970年はいろいろあったんだな。記憶に残るはずだ。これほんとは「サバの女王」なんだけど日本語だと「鯖」のイメージが強いから「シバ」にしたんだよね。これは私のHDDの「イージーリスニング」の項目にあるはず。いまからレーモン・ルフェーブルを聴きつつ続きを書こう。

 別れた女が、以前一緒に住んでいた男のことを、「いまあなたは目覚めタバコをくわえてる」「お茶さえ飲まないで飛びだしてゆくのね」と朝に、「いま黄昏の街、あなたは歩いてる」と夕に、想像し続けるのである。気味が悪い。引き篭もりの精神病である。いまだったらストーカーとして問題になる。でも山藭道雄(出ねえなあ、ATOK、高名な作詞家先生ぐらい一発で出せ、ダメだ、いちいち辞書登録してられん。切り替える。ありがとうGoogle日本語入力、一発変換だ。どっちが有料ソフトなのかわからん)、山上路夫の詞を、あの澄んだ歌声の美貌の朝鮮人歌手(笑うと歯茎が出て馬の顔になるけど)由紀さおりが歌うと、男共がそこまで思われる自分を想像してついレコードを買ってしまうのだ。なんちゅう御都合主義。でも「夢を売る商売」と解釈すれば本道か。



shinjukunoonna

 テレサと由紀さおりの話を前振りにして、やっと本題の藤圭子の「新宿の女」のこと。
 私はネオン演歌にも、ネオン演歌の描く世界にも、興味も縁もない。ホステスに惚れたこともないし(というかそういう店に行かない)、貢がれたこともない。それを願ってもいない。假りに知りあったとしても、話が合わないのは目に見えている(笑)。
 ネオン演歌は好きではないが、「別れた女が、いまもあなたを思ってる、あなたのしあわせを願っている」という気味悪いのと比べると、この「新宿の女」の世界はじつにスッキリしていていい。歌詞はこちら。

 「ネオン暮らしの蝶々」には「やさしいことばがしみたのよ」という世界。いいなあ「ネオン暮らしの蝶々」か。昆虫採集してみたい。林家三平のネタ。「先生、ぼく夏休みの宿題に昆虫採集してきました。ぼくのお姉さんとお兄さんです。夜の蝶々と街のダニです」。小学生のときに聴いたネタだが今も好く覚えている。

 ま、女はすさんだ暮らしのホステスである。この女が惚れて、だまされて、捨てられたという男も、ろくなもんじゃないと推測される。「なんどもあなたにだまされた」は、浮気のことであろうが、生活費を博奕に使われたなんてのも含まれるのかも知れない。泣き喚いての大喧嘩になるが仲直りのセックスではい元通り。よかったね。

「バカだな、バカだな、だまされちゃって」の世界はいい。「別れたけど今でもあなたが好き。わたしよりもっといいひと見つけてしあわせになってね」的な気味悪さよりもずっといい。「新宿の女」は、自分を「バカだな、バカだな」と卑下するが、いつまでも未練は引きずらない。すぐにまた前のと同じようなろくでなしに惚れて、貢いで捨てられて、あらたにまた「バカだな、バカだな」と嘆きつつ前進するだろう。「生きがい」的な未練が気味悪い停滞なら、ここには小気味いい前進がある。前向きだ。

 ネオン演歌に興味がないのに、藤圭子の歌声が恋しくなったとき、いつもこれを聴くのは、前記したが「この種の歌には珍しい長調の曲が好きなこと」がいちばんだが、ポイントは歌詞の中にある「懲りないバカの前進」である。いくら馬券で負けても懲りずに今でもやっているのと同じく、このバカホステスに同好の士のにおいを感じるのだ。お互いバカではあるが、生きてる限りは停滞よりも前進だ。(続く)
スポンサーサイト
  1. 2014/08/04(月) 11:20:13|
  2. テレサ・テン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天才テレサ・テンの凄味──「釜山港へ帰れ」聞き比べ

ずっとSmooth Jazzばかり聞いていたので、ひさしぶりに日本語の歌を聴きたくなった。
それで「釜山港へ帰れ」聞きくらべをやってみた。 以前YouTubeでDownloadして溜めたものである。連続再生にする。



まずはチェウニ。うまいなあ。でもライヴ映像は田舎の体育館みたいで、手拍子打ったり宴会みたいだけど(笑)。

次いで桂銀淑。このひとのハスキーヴォイスはたまらない。これはCDからの音楽に景色をかぶせた映像。

朝鮮人歌手のパターンはみな、歌詞が1番日本語、2番朝鮮語、3番でまた日本語に戻って終り、というもの。
もともと朝鮮の歌だから朝鮮語もいいけど、あまりまぜこぜは好まない。

3番目で日本人青江三奈登場。って実はこのひとも朝鮮人。
うまいなあ。若い頃、青江三奈の魅力がわからなかったことが悔しい。Jazzがわかるようになってから、一回りして、このひとの凄さを知った。朝鮮民族の歌の上手さに感激する。

4番目にキム・ヨンジャ。これまた最高。ライヴでこの実力は感嘆する。背筋がぞくぞくする。
キム・ヨンジャは整形で目を二重にしている。一重まぶたを気にする朝鮮人がよくやることだが、目許の涼しい一重の朝鮮美人が好きな私からするとわからない感覚だ。しかしこれぐらい歌がうまかったら人生も楽しいだろうなあ。

5番目に本家のチョー・ヨンピル。渋谷公会堂のライヴ。これはあのベースを表に出すアレンジ。アレンジはこれがいちばんいい。



歌がうまいかへたかは演歌でばれる。私はカラオケをやると巧いと誉められるが、それは誉める彼らが下手すぎるのであって、自分の歌がどの程度のものかは本人がよく知っている。だからリズミックな歌でごまかしているだけだ。シンコペイトしている曲をリズムにのって歌えばそれなりに様になり、歌のへたさはごまかせる。レディガガをへたなおばさんが歌っても、リズム感がよければなんとか聴ける。リズム感がわるいのに、やたらこういうのを歌いたがる困ったのもいるが(笑)。
しかしリズムが単調なスローテンポの演歌ではこのごまかしが利かない。 よって私は演歌が歌えない。といって歌いたい演歌もそうはないが。

が、また、演歌が抜群にうまいからリズミックな曲もこなせるというものでもない。北島三郎あたりの曲を本物と同じぐらい巧く歌えるが、テンポの早い曲になるとついてゆけないひともいる。まあ全部こなせたらプロだけど。
そういう演歌だけ抜群に巧いひともいっぱい見てきた。こういうタイプのひと──たとえば牧場関係者──とそういう機会があると困る。好みが違いすぎるから、互いに歌うたびにちぐはぐになってしまうからだ。で、こちらは聞き役に回るようにする。



telesaとりはテレサ・テン。台湾代表。これまたライヴ。キム・ヨンジャとチョー・ヨンピルに感動し、これ以上のものはあり得ないというところを、さらに高く、軽々と越えて行く。なんだ、この凄さは。すごいなあ、天才は。涙が出てきた。

と書くと、今回初めてこの「聞き比べ」をやったみたいだけど、そうじゃなくて、2年に1回ぐらい同じ事をやっている。そして毎回同じ結論で同じ感動を味わっている(笑)。

みな凄いのだ。聞くたびにそう思い、これ以上のものはないと感じる。だけどテレサは、そのたびにそれ以上のものを感じさせる。なんなのだろう、このひとの深さは。



テレサ・テンの話をすると、すぐに「どの曲がいちばん好き?」となり、「時の流れに」「つぐない」「空港」だとか言いあい、「別れの予感」なんかを言って盛りあがったりする。

そんなとき私は「You Light Up My Life」だと言って白けさせることになる。みなそんなものは知らない。ひねくれ者のスカした意見のように思われる。でも本音であり、私は荒木とよひさ作詩のあの世界を好きではない。あの種の男にとって都合のいい「わるいのはわたし、あなたは変らずそのままでいて。ずっと遠くから想っています」的な演歌世界は嫌いだ(笑)。

デビューしたときから歌のうまさと声に惹かれた。でもその歌詞の内容が嫌いだった。
アジアを廻るようになり、各国で売っている台湾語や英語のテレサのテープを買って聴くようになって、とんでもない天才を自分は勝手に遠ざけていたと気づいた。荒木とよひさの世界でテレサを解釈していた自分を愧じた。でも日本ではそんな歌しか唄ってないのだから、それはそれでしょうがないのだけど。
だから私の愛聴するテレサの歌は、前記のような日本のテレサ好きのひととは異なっている。アジアで買い集めた台湾語や英語のものが主だ。



私の中でテレサ・テンはワールドワイドな歌手であり、あんなちっぽけな演歌世界で語るひとではない。
「You light up my life」は、デビー・ブーンのヒット曲だ。Whitney HoustonやLeann Rimesなんかもカバーしている。アメリカの最高級歌姫であり、その歌唱力は折り紙付きだ。だがそれらと比してもテレサは負けない。いや凌いでいる。とんでもない天才なのだ。

旅行作家の下川祐治さんは、テレサを「台湾の美空ひばり」と呼ぶ日本のマスコミを、「テレサに失礼だ。テレサ・テンがいかにアジア全土で聞かれていることか。美空ひばりこそ『日本のテレサ・テン』と呼ばれるべきだろう」と書いた。全面的に賛成する。
時代がちがうから比較にはならない。敗戦後の時期に美空ひばりがどれほどの価値があったのか知らない。でも私の中では歌手として比ぶべくもない。私の知っている美空ひばりは「真っ赤な太陽」あたりからだが、テレサの深みはあんなものじゃない。

2年後ぐらいにまた同じ事をやって同じ事を書いている気がする(笑)。
  1. 2012/12/14(金) 20:08:03|
  2. テレサ・テン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。