スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ことば考──インクとインキ──心境の変化でインキ派に

 インクはInkという英語だ。インキは日本語。
 口許が不器用な日本人は、母音で終らない単語の発音ができない。語末がS、K、Pで終る単語=入声(にっしょう)を苦手とする。それらにはみな母音をつけて発音しやすい日本語にしてしまう。苦手をごまかす民族の智慧だ。


 そういや朝鮮民族は語頭の濁音が苦手で「カヤロー」が「カヤロー」のように破裂音になってしまうのは有名だ(BaもPaも両方とも破裂音だが)。そういうコトバがないのだろう。何十年も前、極真空手の大山倍達を初めてテレビで見たとき、「クはね、そんなカな話はないと言ったんだ」という典型的なそれなのでおどろいた。あれじゃ「じつはね」と言われなくても誰でもわかる。
 
 もっとも「むかしの日本」にも濁音で始まる単語はなかったそうだ。濁音で始まるコトバというのは、インパクトはあるけど雅ではない。きたない発音と否定されていたのだろう。当時は日本人も発音出来ず、その種のコトバが生まれてくるに従い、次第に出来るようになった。朝鮮人でも、半島で生まれ育ったひとは日本に何十年住もうとそれが苦手だけど、日本生まれはふつうにこなす。
 
 日本人の発音ではRとLの混同が有名だ。それだって英語圏で育てばなんてことない話。私の関わった語学ではヴェトナム語の声調が複雑でむずかしいが、それは「この単語はこの声調だから」と外国人のこちらがリクツで学ぶからむずかしいのであって、あちらに住んでるひとは文盲でも幼児でもみなふつうにそれをこなす。コトバなんてそんなものである。


 閑話休題、書帰正伝。
 インクが輸入され使われるようになったとき、Ink、イン(ク)という入声の発音が苦手な日本人は語末のkに母音のiをくっつけてInki、インキという日本語を作った。
 Cake─ケー(ク)─の発音がむずかしいのでiをくっつけて作った日本語「ケーキ」もそれになる。ここで「Cakeの語末は母音のeではないか!?」というのは愚問。発音の問題。綴りにeがあろうともkで終る入声である。

 インキの話だとペンキも気になる。こちらはオランダ語のPekの日本語訛りだ。ペッ(ク)の発音がし辛いので、母音のiをくっつけてペッキ、ペンキになったのだろう。
 旧い語だと、支那語の銭(Dzen)にiをくっつけて出来た日本語の「ゼニ」がある。この「語末のnにiをくっつけて」も日本語には多い。


 私が子供の頃、周囲のおとなはみなインキと言っていた。そりゃ「インクという英語は発音し辛いのでインキという日本語を作った」のだから、日本人がインキというのは当然である。
 いまはもうほとんどのひとはインクであろう。それだけ日本人も入声音をこなせるようになってきたのだ。時代と共に民族の発音能力も変化する。もしかしてお年寄りには今もインクの発音が苦手でインキと言っているかたもいるかもしれない。

 中学生の時に初めて萬年筆を手にした。当初は「インキ」と言っていたが高校生ぐらいからインク派になった。そのころは上記の「日本語インキの成立理由」を知らない。でも色気づく時期だから、本能でインキよりインクのほうがかっこいいと感じていた。あのころ、ここに書いたように「なぜ英語のインクを日本人はインキと言うか。それは入声であり、それが苦手な日本人はウンヌン」と教えてくれる恩師に出会っていたら、私の人生ももうすこし智的になっていた。無学な歩みが悔しい。タイムマシンでもあったなら、不遇な田舎少年のもとに駆けつけて、智識という燈明に火を灯してやりたい。


 インキは日本語なのだから、ドイツのモンブランやペリカン、アメリカのシェファー、パーカー等の外国の萬年筆メーカーの日本語サイトではカタカナ表記はインクである。
 日本のプラチナ、セーラーのホームページ表記もインクだった。でも昭和40年代ぐらいまでは「インキ」だったのではないか。もっとかな。いつ商品名の「インキ」を「インク」に替えたのだろう。こういうのは社史でも読まないとわからない。ああ、広報室に電話して訊くという手があるが、そんなことはしたことがない。する気もない。
 
 ところが頑固にいまも「インキ」という日本語を正規に使っているところがあると知る。パイロットだ。

※ 

 下の写真はAmazonのパイロットのインク通販。Amazonは商品紹介に自分達の用語である「インク」を使っている。
inki2
 

 
 しかしパイロットのホームページでは、正規の商品名はいまも頑なに「インキ」なのである。パイロットの商品名が「インキ」なのだから、厳密には上のAmazonの商品紹介はまちがいということになる。下はパイロットのホームページから。「インキ」である。あくまでも(笑)。
inki

※ 

 時が流れると感覚も変る。長年「インキ」をかっこわるいと思って避けて来た私は、この頑固なパイロットを見て、なんだかかっこいいように思えてきた。どこかの女性博士が研究室で割烹着を着た感覚に通じる。あれはヤラセだったようだけど。
 ここのところ友人と文房具話をするとき、意識的に「パイロットインの松露がね」と言ったりしている。
shouro
 
スポンサーサイト
  1. 2014/03/30(日) 10:31:09|
  2. 物品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小物話──中国で作ったメガネ──中国物価考

 ロンドン、パリ、ブリュッセル、シカゴ、チェンマイに続いて中国の田舎町でメガネを作ってみた。前よっつの都市と比してタイのチェンマイは田舎町だが、それでも人口17万の何でも揃っている市だ。今度のはそんなものではない。私の生まれ育った田舎町よりももっと田舎。ほんとに中国山奥の田舎町。

 さすがにそこにあるのが昔風の年寄りが一人で店番しているようなメガネ屋なら近寄らなかったが、ここのところこの山奥の町も急速に近代化してきて、しゃれたメガネ屋が出来た。検眼の機材も新型が揃っている。バイク事故でひとつ壊してしまったので作ってみるかとなった。
 メガネは日常で使用するし、私は物持ちがいいので、古いメガネも全部持っている。度が合わないのだからもっていても意味はないが。ともあれ、無駄にはならない品である。



 店員は、でっぷりと太った人相の良くない男だった。あれにそっくりだ、あの近年政治討論番組によく顔を出す「孔子の子孫」とかいう人相の悪い支那人。 あれにそっくりだった。
 日本人と知ると、「この検眼機械は日本製だ。日本製はすぐれている」。とまあこれぐらいのことは支那人でも言う。

 彼らにも本音と建て前はあり、建て前では日本をボロクソに貶すが、彼らは日本製品がすぐれていることを知っている。それどころか世界一と崇拝している。同時に中国製品を信じていない。だから金持ちは争うようにして日本製品を買う。日本製の電化製品を使い、日本製のクルマに乗り、日本米を食べる。それが金満支那人のステータスだ。 



 チタンフレームの、なかなかいいメガネが、8千円ほどで作れた。日本だと2万円以上するだろう。

 中国というと貧富の差が激しく(これは事実)、物価は、日本と比したらとんでもなく安いと思っているひとがいるが、そうでもない。だいぶ品により異なる。
 たとえばビールは大瓶で40円ほどだから日本の十分の一と言える。まあ麦芽3%程度の、日本だと発泡酒以下のまずいビールだけど、それはともかく、うどん一杯もそれぐらいだし、「中国の物価は日本の十分の一」と言える面もある。

 が、たとえばこの山奥の町では、物品はみなトラックで山道を延々と運んでくるから、それらは中国の大都市よりも高い。たとえばこどもの靴、カラフルなナイキもどきなどは、2千円以上する。こうなるともう物価は日本と同じになる。

 さらにはパソコンパーツになると日本より高い。たとえば今日本では、ワイヤレスマウスが1500円で買えたりするが、この中国の山奥では旧式の有線マウスが3千円する。まあパソコンパーツは、利用者もまだすくないし珍品だからしかたない。それにこれは、よりすぐれた日本製品(ただしMade in China)を日本から持って行くことで解決できる。

 私が困るのが酒である。あちらのまずいビールと臭い高粱酒ばかり飲んでいると、日本酒に餓えるが、それは無理だから諦めるとして、気分転換にウイスキーが飲みたくなる。これが高い。日本だと安売りで1200円で買える最低レベルのバーボンでも6千円以上する。シーバスの12年物になったら1万円以上だ。いま調べたら、日本だとシーバス12年ものは最安値2000円で買える。まあ近所で買ったら3千円としても、この品に関しては、中国の物価は日本の3倍となる。だから、中国イコール物価が安い、とは一概に言えない。

 では暮らすのはたいへんかとなると、それもまたちがう。100円の粗雑な中国製サンダルを履き、自家製の米や野菜を食い、どこへも出かけず地元で生きていれば安く暮らせるのである。しかしこどもにちょっとしゃれた服を着せたり靴を履かせてやりたいと思ったら、いきなり出費が嵩む。また交通費も高い。旅行をしようと思ったらたいへんだ。つまり、それを出来ると出来ないが貧富の差であるのだが、この国にいるとあらためて日本の良さが判る。



 とまあ日中の物価さは物によってちがうのだが、メガネに関しては2倍というところだろうか。
 チタンフレームの8千円で作ったメガネを私は気に入った。

 予備であるからめったに掛けない。
 しかしたまに掛けると、何か違和感がある。しっかり検眼して、「孔子の子孫みたいなオヤジ」も、一所懸命作ってくれたはずなのだが……。

 ある日、日本で、テレビを見ながらそのメガネをいじっていて気づいた。掛けると、なんか乱視の度が合わず、ぐわ~んと、イヤな感じがする。おかしいなあ、作るときはピタッと合っていたのに、と思いつつ、逆さに掛けてみた。するとピタっとあった。じつにいい。完全に左右ともくっきり見える。
 あの「孔子の子孫のようなデブオヤジ」は、レンズを削ってフレームに嵌めるとき、左右を間違えたのだ。私の目は左右で近視乱視とも度数がちがう。それを左右逆にいれやがったから、掛けると、なんか気持ち悪い。逆さに掛けたらピタッとした。せっかく検眼は正確にして、いいメガネを作りつつも、肝腎のはめこみのとき左右を逆にした。大陸的粗忽さではある。
 すてるのももったいないので、いま、テレビを見るとき逆さに掛けて使っている。当然外出には役立たないからテレビ視聴専用眼鏡である。なさけない。
  1. 2013/08/26(月) 03:00:38|
  2. 物品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通販話──最近、がんばってる宮城県の店で買うことが多い──がんばれ、東北!

最近、唯一の楽しみであるPC小物買いの通販店に、宮城県の店が多い。震災前から青森の店に最安値の努力をしているところがあり、そこから買うことが多かった。震災以降は東北の店ばかりだ。

こちらには、震災後の「食べて応援」と同じく「買って応援」の気持ちがあるが、それ以上にあちらの商人としての努力が大きい。情で高値のものを無理して買っているのではない。東北の店が最安値なのだ。



pomera下の表は、私がいま買おうとしているデジメモ「ポメラDM100」の値段。価格comでの順位。

最安値ベストワンに宮城県の店が並んでいる。しかも送料無料。東京や大阪の最安値店を凌いでいるのだからすばらしい。

よっつの店ともうぜんぶ買い物をしたことがあって、会員登録している。さて今回はどこから買おう。こういう健闘にこちらも励まされる。がんばれ東北!


tsuhan





  1. 2012/11/26(月) 19:23:51|
  2. 物品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。