スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パソコン話──昨今のフリーソフトDownload事情──ダウンロード管轄ソフトのいやらしさ

 フリーソフトのDownloadは、以前は作者のサイトから直接出来たが、近年はDownload専門のソフトが管轄するようになってきた。いろんな商売があるものである。
 しかしその存在理由は世事に疎い私にも推測できる。

 便利ソフトを開発する。フリーで公開する。「Donate──寄附希望」と書いても、なかなかそれをしてくれるひともいまい。
 そこにこの「管轄ソフトサイト」の登場である。フリーソフトウェアのDownloadをここが管轄する。フリーソフトをDownloadしようとすると、この管轄しているソフトのサイトに行く。というか行かされる。


dl-2 なかなか賢い商売である。何千何万とあるフリーソフトのDownloadを管轄し、Downloadするには自分のところを通さねばならないようにする。そこに有償の体験版等をくっつける。それによって金を得る。フリーソフトの開発者も、自分の所からDownloadされても一銭にもならないが、ここに預託すれば、Download数に応じてそれなりの金がもらえるのだから、よろこんで預けるだろう。
 
「管轄ソフト」側も、自分達の苦労はなにもない。多くのフリーソフトと契約し、スポンサーを得て、フリーソフトファンのDownloadを待つだけである。
 同じような形で儲けるアフィリエイト商売というのは、一応自分の人気、能力に依存するが、これの場合は、他人の開発したフリーソフト人気に便乗するだけである。自分の手を汚さない。汗を流さない。いかにもネット時代のおいしい商売だ。

 しかし利用者にとっては不便になった。ブロードバンド時代だから、直接出来るなら、ほんの数秒でDownload完了し(フリーの便利ソフトだから容量はちいさい)、すぐに解凍してインストール。数分後には使い始められたのに、今はこの「管轄ソフト」のDownloadに時間を取られる。どんなちいさなソフトのDownloadでも、まずはこの「管轄ソフト」のDownloadから始めねばならない。そしてその後が面倒なのだ。いやな時代になった。


dl-1 フリーソフトをDownloadしようとして行かされるこの「管轄ソフト」サイトの構成が判りづらい。悪質だ。そのソフトをDownloadしたくて行ったのだから、そこに一番目立つように大きく「Download」とあったら、そのソフトだと思う。しかしそれはちがう。このサイトが契約している有料ソフトの体験版だ。その罠が二重三重に用意されている。自分のDownloadしたいソフトにたどり着くまでに疲れてしまう。それは目立たなく、一番下のほうにちいさく表示されていたりする。
 
 それもまあ商品陳列の基本として、利幅の大きいものを前面に出すのは当然だろうからリクツとしてはわかる。しかしいやな時代になった。短気な私はもうこの辺でめげそうになる。
 
 それでも私はこの種のことに慣れているからだまされないけど、不慣れなひとはこの「Download」に引っ掛かって、不要なソフトをいっぱいPCに挿れてしまっているだろう。
 そしてまたこれらのソフトは、挿れようとしていないのにかってに入ってくるぐらい図々しいから、出ていってくれと言ってもすなおには出て行かない。「アンインストール出来ない。困った。教えてくれ」というSOSがネットに溢れている。 


 今朝、Win8にSIWを挿れようと思った。7には挿れてあるが8にはない。
 ビデオカードを替えたい。NVIDIAのGT660にしようと思うのだが、今のはRADEONのいくつだったか。ゲームをやらないので自作機のパーツとしてビデオカードは凝っていない。エクスペリエンスインデックスでも一番数字が低い。SIWでRADEONのそれを確認したい。

 以前なら簡単に出来たSIWのDownloadが複雑になっていて、上記のような苦労をした。振りまわされ、戸惑い、苦労した。Download管理ソフトとは無縁にDownloadしたかったが、やはりそこからするしかなかった。しかたない。

 かってにくっついてきて浸入しようとするよけいなソフト「レジストリィをどうたらこうたら」「あなたのPCを劇的に速くするうんぬん」「とっても便利ななんとかツールバー」には、「要りません」とハッキリ拒み、デフォルトのチェックを外してインストールしたが、気づけばぜんぶ入っていた。それどころか自動起動して「あなたのPCチェック」とかを始めた。急いで「スキャン停止」を押し、そのソフトを閉じる。
 今時のこの「挿れるか挿れないか選択出来る。チェックを外せば入ってこない」は形だけのマナーのようだ。私は毎回そのチェックを外しているが、全部入ってきている。


siwそれでもなんとかSIWをインストール出来たから、パーツ確認をするかと起動したら、「Not Support Your OS Windows6.2」と出て起動しない。6.2とはWin8のことである。6.0がVista、6.1が7。ちなみに5.0がWin2000、5.1がXP。じゃあWin98は4かというと、そういうものでもない。NTの話。
 7も8もVistaの改良型だ。今夏のWindows Blueは、9(6.3)ですらなく、8のSP1と言われている。
 
 しかしなぜサポートしないのだろう。Vistaも7もしているのだから、同じ路線の8に合わせることがむずかしいとは思えない。
 肝腎のソフトは起動せず、かってに浸入してきたソフトは元気よく活動を始めるという踏んだりけったり。
 自分のPCがそんな状態になっているのは不快だ。よってアンインストールソフトで駆除をする。Your Aninstaller Proで、浸入されたレジストリィもすべてクリーンにする。


 朝っぱらから、目的のソフトは使えず、不要なユーティリティソフトやツールバーの駆除に小一時間掛けるという不毛な時間となった。

 しかし真の嘆きは記憶力の衰えだろう。空虚なアンインストール作業を続けている内に思い出した。私は去年の10月にWin8を導入した後、すぐにSIWをインストールしようとして、そのときにも今回と同じく拒まれた。「8はサポートしていない」と。
 当時はサポートしていなかったが、8ヶ月経ってフォローした可能性もあるから、あながちすべてが無意味とも言えないが、なんとも虚しい作業だった。さわやかな朝(でもないか、梅雨で空気が湿りすぎている)の5時から6時、失った1時間が悔しい。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/10(月) 06:41:17|
  2. Windows8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows8体験記⑥──8にスタートボタンを追加するソフト&エクスプローラを昔のようにするソフト+マッカー考(笑)

7から8になって、いいところわるいところいろいろあるのだろうが──不幸にして私はまだいいところを知らない──何と言っても不便なのは今までのスタートボタン、スタートメニューがなくなったことだ。

私はスタートアップに、長年お世話になっている便利ソフトをいくつも登録する。起動と同時にそれがスタートしてくれる。

たとえばSetCareColorというフリーソフトは、IME入力時に入力モードによってキャレットの色を変えてくれる。私の場合だと、ATOKをオンにして日本語かな入力状態だと太目の緑色、半角英数字にすると細めの赤になる。たったそれだけのことだけど、大量の文を書く者にとって、使い慣れるとこれがいかに便利であることか。リンクしておいたので興味のあるひとは導入してみてください。けっこう目からうろこだったりします。

そういうスタートアップの登録は、今までならスタートボタンからスタートアップを開き、1.2.3の3ステップで出来た。それがスタートボタンとスタートメニューがなくなることによって、とんでもなく煩雑になった。

まず1を探すのに苦労する。1が見つかっても、今度は2に行くまでが面倒だ。Windowsフォルダに行き、System32を開いて、とか、隠しフォルダに入っているので、エクスプローラーから「隠しフォルダを表示するをオンにして」とか、あれこれやらねばならない。3までたどりつけば7以前と同じような操作でやりたいことが出来るのだが、そこまでが迷路のように複雑になっている。やることは1から2、2から3と今までと同じなのだが、そのあいまに、1.2とか1.8、2.4とか2.7とかの面倒な作業が増えて、合計では10ステップぐらいになっている。何故こんなことをするのか、したのか!? 愚かとしか言いようがない。

これってMacの思想の悪影響のように思える。



について以下に書くのだが、その前にソフトの紹介。8にスタートボタンを追加し、以前と同じように使えるようにするユーティリティだ。
ソフト紹介の記事はここ。http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120904/420441/

実際にDownloadするのはここ。http://classicshell.sourceforge.net/

Downloadして挿れてみた。いま使っている。
デザイン的にもうちょっと洗練して欲しかった気もするが、ともあれこれで7までと同じスタートメニューが使える。便利だ。感謝。

8start





















エクスプローラが使いにくくなった。MSはOfficeと同じデザインにして使いやすくしてやったという気持ちなのだろう。

8のエクスプローラ(俗にリボンと呼ぶらしい)を7以前のものにもどすソフト。
http://winaero.com/comment.php?comment.news.20

これでエクスプローラが使い慣れたものに戻る。

やはりこの8というのは、あのスタートメニューに触って始める液晶タッチ派のOSなのだろう。「やがてPCからはキーボードが消える」と言われているらしいし。
今までと同じようにキーボードを使いたいひとには、このソフトは役立ちます。ぜひ挿れてみてください。

しかしこうなるともうまったく7と同じになってしまった(笑)。なんの意味もない。デスクトップからスタートボタンを消したMSは、こんな形で復活させられては赤っ恥である。自分たちがよかれと思ってやったことが評価されてないことになる。

タッチパッド対応以外にも、「さすが8だ。7ではこれは出来ない」と驚くようなことはあるのだろうか。せっかく買ったのだからひとつやふたつはあって欲しい。無理か?

スタートボタンを無くすようなかっこつけってMacの悪影響のように感じた。どこかの国の総理大臣のコトバを借りれば、「ドジョウは金魚になれない」のに、無理になろうとして失敗したようなものだ。

以下、Mac信者を論じるのでマッカーは読まないでください。お互い、無意味に不快になるのはやめましょう。読まなければあなたが不快になることはありません。私を攻撃したくなることもありません。オシャレなマッカーは窓使いの戯言など無視してください。
















============================================
















Mac使いとは何かと言えば、あそこの親方の信者である。親方の功績と親方の発明したモノの価値は絶大だが、信者にはろくなのがいない。信者のろくでもなさの基本は自分を勘違いしていることだ。親方の偉大さに擦りよることで自分もまた偉大とかんちがいしているのが多い。親方が偉大だからといって、親方の発明品を使えばそいつまでがかっこよくなるわけではない。かっこいい親方をどんなに慕っても不細工は不細工だ。むしろ不細工なのに勘違いしているからよけいにかっこわるい。
雁屋哲や茂木健一郎、太田光等の気違いじみた発言と行動を見ていると信者でない自分にほっとする。坂本龍一もそうだが、ただあの時代、音楽にMacは必須だった。そこは認める。



もうずいぶんと前、絶対的存在である親方が「FDDのエジェクトボタンを消す」というのをやったことがある。
気持ちとしてはわかる。 そのほうが断然スッキリして美しいからだ。きれいに整ったフォームにエジェクトボタンは不粋だった。すんなりシュッと延びた線上にボタンがあってジャマをしている。絶世の美女の鼻の頭に大きなイボがあるようなものだ。親方は大胆に自分の美を追究する。それを否定するものを認めない。

そのフォルムは美しかった。いまだボタンを点けている他社のマシンがなんと不細工に見えたことか。しかしこれは使いにくかった。たかがFDを取りだすために内部から別の操作をせねばならない。目の前にボタンさえあれば一瞬で取りだせるのにそれが出来ない。時間が掛かる。さすがにこれには信者からも、「親方様ぁ、ボタンがなくて使いづれえですだ」と不満が出た。美か実用か。
美学の判らぬ凡愚に親方様は怒った。美学とは痩せ我慢の上に成りたつのだ。「そんなヤツラは使うな!」

死ぬ寸前、親方はiPhoneのケースも認めないと発言していた。おれの開発した最高のデザインに何でそんな醜いものを被せるのだと怒っていた。
わかる。その通りだ。エジェクトボタンを廃止するような形のこだわりで、何百回も何千回もデザインを推敲して完成した一分の無駄もない形なのに、それにシリコン製布製皮製いろいろあるが、そういうものを被せるのは、磨きあげた美の極致である芸術的裸体に薄汚れたジャージを被せられるような屈辱だったろう。でも貧乏人の信者はたいせつなそれが傷つかないようケースに入れたがる。なにしろ日本人てのは電話機からティッシュペーパーまで何でもかんでもカバーを掛け「カバー文化(笑)」と言われるほどそれが好きなのだ。電話機のカバー(笑)。
ちなみに私もiPod Classicをしっかり皮製のケースに入れてカヴァーしております。

ケースに入れれば傷つくこともすくなくなり長持ちする。親方様はそれを認めない。俺の作った芸術品をそんな醜いもので包むなと怒る。信者はおそるおそる問う。「ケースに入れないとすぐに傷ついてしまうんです」。親方様は言う。「傷ついたらあたらしいのを買えばいいではないか」 

なにしろ親方様はあたらしいOSを思いつくと、今までの機械では使えなくなっても気にせず平気で発売した。
「親方様、それをやられたらあっしらは干あがってしまうで」。信者は悲鳴を上げる。
親方は怒った。おまえら下賤なものはこの心がわからぬのか。古いと断罪したOSとあたらしいOSに共通点などいらないのだ。わからぬなら使わなくて結構。おまえらはおれの信者ではない、とっととIBMのところにでも行きやがれ。
信者は泣きながら従う。あんな醜いIBMのところに行くぐらいなら、親方様のところで餓死したほうがまだいいと。それでこそ信者。



己の「美学」を貫くか実践的に生きるかの問題。
何年か前、「どんだけぇ」が流行った頃、それを連発する女装オカマのバケモノが「あたしは部屋の中にごみ箱を置かない」と自慢気に言っていた。室内にごみ箱があるだけで不愉快になる。ゴミが出たらすぐにその場で室外のごみ箱に持っていって処分するのだとか。せわしくてたいへんだと思うが、バケモノなりの美学である。
私はこれを見たとき、Macの親方のことを思った。オカマバケモノがPCを使うかどうか知らないが使うとしたらMacだろう。

わかる。私もデスクトップ画面にショートカットという醜いものは一切置かない。あれをだらしなく何十も置いているひととは付きあえないと思う。あまりに無神経だ。汚すぎる。95の頃からランチャソフトに格納して一切見えないようにしてきた。

しかし室内にはごみ箱を置いている。それこそ一室に3コも用意し、ゴミが出たらすぐに手の届く距離で捨てられるようにしている。ごみ箱はこまめに掃除し、常に美麗にしている。ごみ箱のデザインもそれなりに撰んでいる。オカマバケモノとは逆だが、これはこれで私の美学である。



極力部屋にモノを置かないというひとがいる。洋室。フローリングワンルームには、ほとんどモノがない。白が基調。無機質な空間。それがそのひとの美学だ。不便だろうなと思うが、そのひとにとっては、部屋にごたごたと物を置く醜さのほうが敵なのだ。

生活必需品を自分のまわりに集めるひとがいる。和室。畳部屋の蛍光灯には紐が点いている。寝転んで読書し、寝る前にその紐を引けば、そのまま蛍光灯を消すことが出来る。「こたつの周囲」という居住空間は、手を伸ばせば何でも手に入る宇宙になっている。

前者が、親方様が開発してくれた美をハードもソフトもそのまま使うマッカーであり、後者が、(マッカーから言えばOSからハード、ソフトまで缺点だらけの汚いPCを)自分流にあれこれいじくりまわす窓使いになる。
両者は相容れない。

私は後者である。現実に蛍光灯から紐をぶら下げてはいないが、自分でパーツを組んでPCを自作したり、あれやこれや便利ユーティリティを入れたりして「自分風の自分だけのPC」にしようとしている。それは「なんでも揃っているこたつの周囲の自分空間」と同じようなものだ。

親方様の美的感覚がどんなに優れているとしても、それをそのまま押しつけられて使うよりは、どんなに低レベルで不恰好でも、見た目も中身も自分流に創造改造してもいい自由度が欲しい。親方様のお造りになったどんなに美しいフォルムよりも、私にはその自由度の方が価値がある。



マッカーと話していて通じないのがここになる。親方様の命じるハードやソフトをそのまま使っている彼らは、「SafariがIEよりもいかにかっこいいか」を主張したりする。自分達が親方様の言うとおりにSafariを使っているから、窓使いもみなビル・ゲイツに命じられてIEを使っていると思いこんでいる。あの心の狭さに耐えられない。

私はMacは好きだ。だがMac信者は嫌いだ。

マッカーにはサヨクが多い。口汚くWindows=ビル・ゲイツ帝国を、まるで戦前の日本のように暗黒暗愚だと否定する。Windows愛用者を、その暗愚政治にすら気づかない愚者だと論じる。そしてマッカーの自分達は、大空を自由に飛ぶ白鳥のように思いこんでいる。
そもそも戦前の日本はひどい国ではないし、ビル・ゲイツ帝国にも好き勝手にいじれる自由がある。ひたすら親方様を崇拝し、親方様の作ったものをそのまま使用するやつらの思想発想のほうがよほどスターリン的粛清に満ちた恐怖の共産国のように思える。



繰り返すが、親方様の功績は偉大だ。そのことに異存はない。Macのフォルムは美しい。しかし信者にはろくなのがいない。それを見るたび、90年代初頭のあの大きな分岐点で、窓使いの道を撰んだ自分に満足する。

こういうのを書くとマッカーから攻撃されてたいへんなんだ(笑)。明日がどうなるか想像がつく。ひねこびた鼠顔のアンチャンがまたイヤミを仕掛けてくるだろう。そのリンクにどれほど効果があるか知らないが。そのアンチャンになついている独身アラフォー女もまた叫き始めるのか(笑)。
でもやらないとね。これはこれで闘いであり、雄弁は金、沈黙は銀なのだから。



肝腎のことを書きわすれてしまった。

「これってMacの思想の悪影響のように思える」だ。

長々とオカマの美学まで引用して書いてきたので、今さらあらためて書く必要もないが、私は今回の8がスタートメニューを消し、不便になったのを見て、「デザインを重視してエジェクトボタンを消したMac」と、「室内にごみ箱を置かないバケモノオカマ」を思いだした。そういうことである。そしてそれは「Macの消えたエジェクボタン」と同じく、独善による失敗だろう。

Macの親方は「すべて俺が決める。俺の決めたことがベスト。信者はそれに従うように」とハードやソフトを信者がいじり回すことを拒んだ。8にもそれがあるように思う。窓使いの楽しみだった「スタートアップに自分の好きなユーティリティを登録する」のようなことを、とんでもなくやりづらくしたのは、「よけいなことをするな。8はデフォルトで最高なのだ」という気どりなのだろう。

8の開発者はこのくだらんOSを、「エジェクトボタンを消したMacの美」と自負しているのかも知れない。Macの親方様は死んだので、「俺が窓使いの親方様になる」と粋がっているのか。

ユーザーはいい迷惑である。だってマッカーが親方様を慕うみたいに窓使いはアンタらを崇拝していないから。
おそらく9では、こういう愚かな点が修正されることだろう。 そのへんの素直さがWindowsの美点だ。ああ9が待ち遠しい。いやいやウソ、7で満足しているからいらない。ほんとに7はよく出来ている。

前記のたとえで言うなら、Macがフローリングの洋間なら、Windowsは畳の和室なのだ。畳部屋に木目柄のシートを敷いて洋間のようにするような愚かなことはやめたほうがいい。畳部屋は板敷洋間よりずっと過ごしやすい。

---------------

【追記】──もしも<きっこ>がマッカーだったら

<きっこ>と名乗る女のふりをしている60代のオヤジがマッカーでないのは、単に貧乏で金がなくMacを買えなかったからだ。とにかくあのころ、Macには金が掛かった。PhotoshopやIllustrator、ホームページ用のDreamweaver、フォントひとつ買うだけでもたいへんだった。そしてまた、それがステータスだった。私もあのころは金があったから手を出してみたけど……。

雁屋哲を尊敬していることや、架空のフィアットパンダ、テレキャスターというブランドで妄想を振りまいているように、<きっこ>の本質はマッカーである。あれがもし現実にMacを入手していたらWindowsに対してどれほどひどい言辞を弄していたろう。
同じくスマートファンを口汚く否定しているのも単に金がなくて買えないだけだ。これまたそっちに走っていたらガラケーオヤジにどれほどひどいことを言っていたか。貧乏な機械音痴なので助かる。

しかし、あれだけ全面的に否定してボロクソに言っていた競馬に、今は過去まで塗りかえて夢中になっているのだから、そのうちマッカーになる可能性は高い。問題は金回りだが(笑)。

マッカーになった<きっこ>こそ、尊敬しているという雁屋哲と同じ事を言ってエンジン全開になるだろう。当面は疎開設定の貧乏だから無理か。でも以前は「月に100万円以上の母さんの治療費を払い、昼の本業の他に夜の水商売アルバイトもしていた」という月に150万は稼いでいたと思われる腕利きヘアメイクアーチストだ。いつマッカーになるかわからない。なにしろ今はマックノートが10万円以下で買える時代である。Macとスマートフォンを使いはじめたら、競馬と同じように平然と讃歌を始めるのだろう。するとアンチキッコがまた過去のツイートを並べたてるという追っ掛けっこ。楽しみだ(笑)。
  1. 2012/11/03(土) 01:50:11|
  2. Windows8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。