福島産梨を使用と謳ったキリン氷結発売!

キリンが「福島産梨使用」とカンに明記したカンチューハイ氷結を発売。
飲みまくってやる!

梨味チューハイは、キリンが世に打ってでたのだから応援したい。福島をフクシマとカタカナで書き誹謗中傷するようなヤツラとの闘いだ。「たかが商売の一手段」と冷笑するひともいようが、商売なら無難が一番なのである。あえてやる必要はない。キリンはあえてやってみた。ならその姿勢を応援する私のようなのがいてもいい。意気に感ず、だ。

●福島産を謳ったキリン氷結
  1. 2015/11/07(土) 07:57:55|

ホッピー話──毎日ホッピーの2013年──ホッピーブラックにはまる

 2012年6月13日に書いた「ホッピー飲むならホッピーグラス」が今も読んでもらっているようなのでひさしぶりにホッピー話。いくつか話がたまったので項目に「ホッピー」を作り独立させた。2年前からあまりにホッピー漬けなので記録しておきたい気持ちもある。
hoppyglass
 別項で書いているが、私はホッピーに関して初心者である。40年前の学生時代からホッピーは知っている。しかしイメージが悪かった。そもそも当時の私は焼酎を飲まなかった。ホッピーのイメージの悪さは焼酎からの連想でもあった。 焼酎は土方の酒だった。コンサート資金を稼ぐために私も土方はよくやったが焼酎を飲むことはなかった。私にとって焼酎のイメージは「安く酔える酒」であり「まずい酒」だった。

 時が流れ、なにがきっかけだったか私も焼酎を飲むようになった。だが今もうまい酒とは思わない。いやそれなりの値段の焼酎はうまい。だけどやっぱり私には、醸造酒のほうがうまい。蒸溜酒よりも。

 ただし蒸溜酒にはウイスキーに代表されるように「場の雰囲気」がある。焼酎にもそれはあるのだろうが──たとえば沖縄の風に吹かれながら古酒(クースー)を飲むような──私はまだそれを感じたことはない。
 唯一焼酎に関して見直したのは、よく言われることだが、たしかにこの酒は翌日残らない。土方の酒という認識の時、私はそれを「安くて酔える」からのみ解釈していたが、翌日も仕事のある彼らは「酔える」と同時にその「残らない」もまた躰で知っていて愛飲していたのだろう。一種の生活の智慧か。

 焼酎で思い出すのは、ライター駆けだしのころ世話になった編輯者が、痔主らしく、私の日本酒をうらやましそうに見ながら焼酎のうすいお湯割りを飲み、「そりゃ醸造酒のほうがうまい。おれも飲みたい。でも朝がつらい」と言ったことだ。焼酎は痔にもやさしいらしい。日本酒はきついそうだ。



 安酒の焼酎の割物というイメージだったホッピーが、競馬の帰りの飲み会で、今時の若者にはシォレた酒なのだと知り認識をあらたにしたことは書いた。現女社長のイメージ戦略の成功である。早いものだ、あれからもう十年は経つのか。それでも私が本格的にホッピーを飲むようになったのはまだ数年にすぎない。前記、2012年の6月にはホッピーグラスを通販で買い、キンミヤとの相性の良さに燃えている(笑)。そのときはまだ、レギュラー、ブラック、55のみっつをぜんぶ飲んでいた。



hoppy-black
 2013年、いやあこの年はホッピーを飲んだ。ほんとに飲んだ。それもみなブラックである。いま私は「ホッピーブラック党」だ。レギュラーは飲まない。麦芽100%の55は近所で売ってないので飲めないが、売っていてもきっとブラックを飲むだろう。これにはまってしまった。

 外国に出ていたのが100日、日本にいたのは265日、その間、ビールの日や日本酒の日が週に一度ぐらいあった。肉を食わなくなったのでワインと縁遠くなったことはここに書いた。
 ビールの日と日本酒の日にも1本は飲んでいたから、250日はホッピーを飲んでいたろう。一日ブラックを4本である。1000本は飲んだことになる。それは今年も続いている。



 はまった大きな要因に近所のスーパーのホッピー安売りがある。なんとレギュラーとブラックを100円で売っていたのだ。ホッピーの平均的な値段は125円だろう。安いところでも115円までしか見たことがない。ところがなぜかこのスーパーは税込100円で売った。もちろんそれは目玉らしく、大きく宣伝していた。それが続いた。私は夕方の買い出しでブラックを8本買うのが習慣になった。2日分である。出かけない日もある。その時のために、切れないようにした。行ったときは多目に買い、常に冷蔵庫にはブラックが4本ある状態を心懸けた。このスーパーの安売りの影響は大きかった。あれが125円のままだったらこんなにはまったかどうか……。

 レギュラーではなくブラックに凝ったのは、苦い分こちらのほうが魚に合ったからだ。私は泡系の酒は焼き物や揚げ物に、魚と煮ものには日本酒なのだが、安い日本酒はまずいので、そこそこのものを買わねばならない。が、それは懐にいたい。キンミヤとホッピーの組合せと比したら、そこそこの日本酒はかなりの出費になる。その点ホッピーブラックは魚にも対応してくれた。これもはまった大きな理由になる。うどんや蕎麦にも合った。ピザ系のチーズにも合った。ま、万能なのである。あくまでも私の味覚であるが。



 ホッピーにはまって困ったこと。
 ビンの処理である。毎日4本ずつ空きビンがたまってゆく。これは問題だった。いま私のところはビン・カンの蒐集は週に一度。それもビンとカンが交互だ。つまりビンを捨てられるのは2週間に一度。毎日4本ずつたまる。40本以上のホッピー空きビンが台所に並ぶ様は異様だった。憂鬱になった。それがゴミとして出せ、台所がスッキリしたときは、しばらくはやめようかとすら思った。思いつつ夕方にはもう飲んでいるのだが。

hoppy-akibin


 スーパーにもどせると助かるのだが、発泡スチロールのトレイやペットボトルは回収してもホッピーのビンはもどせないようだ。ワンウェイボトルだからか。



 今日からの消費税アップで、この「100円ホッピー」が終了するであろう事は予測できた。だから3月はそのスーパーに出かけるたびに8本買った。1日4本だから、毎日行けば4本ずつストック出来る計算になる。しかし毎日そのスーパーに行くわけでもない。

 3月31日、そのスーパーのホッピーが補充されてなかった。100円ホッピーはあるだけ限り。まちがいなく4月1日からは値上がりのようだ。そりゃ見たことのない大サービスだった。よくぞ半年も安売りを続けてくれたと感謝する。ブラックはもう売りきれていた。残っているレギュラーを10本買った。それで全部。ホッピーコーナーがきれいに空になった。
 と書いて気づく。おそらくこれは前日のままだ。前日、私がそこにあったブラックをぜんぶ買った。8本だった。ブラックは空になった。レギュラーがいくらか残っていた。そのままだったのだ。翌日それをまた全部買った。ということは、あのスーパーのホッピーコーナーで、いちばん熱心な客は私だったことになる(笑)。

 いま数えてみたら、冷蔵庫の中のホッピー(満杯の写真をアップしようと思ったが恥ずかしいのでやめる)と、ちびちび買い溜めしたもので、私の部屋には合計40本ほどあるようだ。十日分である。
 高くなったホッピーでも、今までと同じホッピー狂いが続くのかどうか、まだわからない。なにしろ帰国した去年の9月から10日の内9日はホッピーばかり飲んでいるので、いまこれをやめて何にするかとなっても思いつかない。どうなることやら。



 今朝のBGM。Candy Dulfer{Saxuality}。1990年のミリオンセラー。なんといってもアレンジがいい。
 キャンディに興味のあるかたは、こちらのサイトがYouTubeを貼りつけて紹介しているので聞いてみてください。いま検索して知ったばかりのサイトですが、世の中には熱心なひともいるんですね。私にこういう熱意はないなあ。というかブログに動画ってどうやって貼りつけるのか知らん(笑)。

 このサイトに私の大好きな「Lily Was Here」がありますのでぜひ聞いてください。ギターとのかけあいがクールです。

 candy-saxuality

---------------

【追記】──119円に
 4月1日の夕方にスーパーを覗いてみた。税抜き110円、税込119円になっていた。 

【追記.2】──またまた103円に、ありがとう!
 4月10日、そのスーパーのホッピーコーナーを覗いたら、またまた大サービスのビラがあり、「税抜き95円、税込103円」で大売り出しだった。きっかり消費税分の3円しかあげていない。これからもホッピー漬けの日が続きそうだ。 
  1. 2014/04/01(火) 05:33:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

酒話──石川県松任市の手取川と天狗舞

ツイッターで知りあったWさんとやりとりしていたら、Wさんが石川県松任市の出身と知っておどろいた。松任市と言えば「天狗舞」と「手取川」である。

私はこのふたつの旨い酒を、2000年に泊めてもらったときの金沢の友人のK宅で知った。ともに旨い酒だと感嘆した。K宅に手取川と天狗舞があったのは、石川県では有名な酒だからだが、Kの奥さんが松任市出身であることも関係あったかも知れない。



天狗舞と言えば、あの『美味しんぼ』の原作者、きちがいサヨクの雁屋哲も絶讃している旨い酒だ。 『美味しんぼ』で絶讃されることによって売りあげを伸ばしたのは事実だろう。てことは、天狗舞関係者の前では「きちがいサヨクの雁屋哲」なんて言っちゃいけないのかな。でもどうしようもないきちがいサヨクだけど(笑)。

天狗舞は東京の酒屋にもある。私もなにかいいことがあったときは、お祝い気分で四合瓶を買ってきて飲む。ほんとにうまい、いい酒だ。なんというか、いつ飲んでもしっかりしている。うどんで言う「腰がある」になる。



手取川は知名度でだいぶ天狗舞より落ちるが、これまたうまい酒。その中でも「古古酒」は沖縄の古酒みたいな不思議な味がする。こんな味の日本酒を他に知らない。
私はこの「古古酒」を初めて飲んだときの衝撃を生涯忘れないだろう。 

こちらは天狗舞とちがって東京の酒屋にはない。すくなくとも東京都下で巣篭もりしているような私の行く酒屋やスーパーにはない。だからこれは今のところ二回した飲んだことがない。

いまやっている仕事が11月半ばにひといきついたら、自分への褒美として通販で手取川の古古酒を買って飲んでみるか。



サイトに書いた記事はこちら。 

「手取川──枯淡の味わい(2002年5月27日)

「天狗舞」──石川県松任市の旨い酒(2003年6月15日)

松任市は平成の大合併で白山市になってしまったらしい。歴史のある地名が消えて行くのは残念だ。
しかし考えて見りゃ上記の文を書いてから10年経っている。それだけ世の中は動いているのか。

「上記の文を書いてから10年経っている」ということは、私は手取川をもう10年近く飲んでいないって事か。ますます飲みたくなってきた。

うまい日本酒に興味のあるかたは、ぜひ手取川をいちど飲んでみてください。

手取川の吉田酒造のサイトはこちらです。
  1. 2012/10/03(水) 18:01:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

バーボンとアイスクリーム──ズブロッカと塩から

jack

 バーボンのつまみにアイスクリーム。Jack Daniel'sは正確にはテネシーウイスキーだけど細かいことはどうでもいいや。これをちいさめのウイスキーグラスでストレートで飲む。常温。氷はなし。アイスクリームをかじる。いろいろ試したが「チョコもなか」がいちばん合う。アイスクリームにウェハースがあってチョコレートまである。最高だ。

benwebster

 BGMは「Ben Webster meets Oscar Peterson」。1959年。
 吹きまくるバードやコルトレーンがうっとうしくなるときがある。弁の立つ人の演説を聴いているようで、「わかった、わかったからもう静かにしてくれ」と言いたくなるようなとき。
 Benは訥弁だ。

 バードが反TPPをしゃべりまくる中野剛志だとするなら、同じ反TPPでも、Benはボソっとひとことつぶやく東北の農民のよう。
 それがたまらん時がある。

 午前4時のウイスキー。
 都心の盛り場じゃ昨夜からの流れでまだ飲んでいるひともいるだろう。
 わたしゃ早起きして、ひと仕事して、ストレッチングまでして、だからね。
 こっちのほうが破滅的か。

 Jazzを聞きながらバーボンストレートまではいいが、片手にチョコもなかは滑稽。



 ここのところズブロッカを飲むことが多い。
「ホッピーで割るとうまいらしい」というのがきっかけだった(笑)。

zubrowka
 それもいちおうやってみたが、弱くてつまらない。けっきょく割らず、びんごと冷凍庫で冷やしてのストレート。生レモンを垂らして飲んでいる。イカの塩辛をつまみにしたら合っていた。

 初めて韓国に行ったとき、真露をどうやって飲むのだと問うた。ストレートだと言われ、25度はきついなと思った。そんなうぶな時代もあった。おおむかしの話。朝鮮の金持ちのあいだでいま日本酒がブームとか。その理由が「マイルド、ソフト」。わかる。半分だものね。

 いまバーボンやウオトカの40度がちょうどいい。焼酎の25度は物足りない。支那の高麗酒の56度はさすがにきついが。

 バーボンからズブロッカにしたのでBGMも替えよう。
 ズブロッカはポーランドの酒。ChopinのMazurkasでも聞くか。

chopinmazurkas


  1. 2012/06/11(月) 05:37:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する